01月29日(金)

平成28年1月27日

PIC_0643.jpgPIC_0654.jpgPIC_0718.jpgPIC_0888.jpg

震災後5年ぶりに土耕ん醸が発売になりました。
もともと、浪江町の契約農家さんとがっぷり組み合って造っていたお酒で、
今回は福島県松川町の農家さんと組んで、五百万石で醸したお酒です。
ストレートで勢いのある名前には土と農家と人、酒蔵をつなぐ酒との想いが込められています。

PIC_0704.jpgPIC_0756.jpgPIC_0904.jpg

蒸留器が納品されました。
長井市の循環型農業、レインボープランに触発され
酒粕を有効利用したいと思い立ったことから、導入することになりました。
みりんや、酒粕焼酎、幅広く食卓をフォローできるように
もっといろんなシーンをカバーできるようになります。
楽しみですね。