--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月13日(火)

甦る交流会

3月11日、長井市中央会館でこの日に発売される純米吟醸「甦る」のお披露目交流会が開かれました。
純米吟醸「甦る」はもともと鈴木酒造店が長井に来る前の東洋酒造の銘柄で、
家庭の生ゴミを堆肥にして作物を育てる地域循環型農業「レインボープラン」を体現する酒でした。
鈴木酒造店が震災を機に長井市に移ったとき、福島県からの避難者の心のよりどころとして、
レインボープラン市民農場を通して被災者支援事業として「甦る」というお酒自身も甦ったのでした。

そしてこの日は、去年より発売された3.11献盃酒「ゴールデンスランバ」による献杯で始まりました。
「ゴールデンスランバ」は「The Beatles」のアルバム
「Abbey Road」の一曲「Golden Slumbers」が元ネタで、
(仙台市在住の小説家、伊坂幸太郎の作品でもあります。)
スランバ→スラァンバ→「請戸の安波祭り」と引っ掛けています。
ジャケット(あえて)には黄金のまどろみの中で涙を流す少女が描かれています。
望郷の想いとも、過去の悲しみとも、喜びの涙ともとれますがそれは飲んだ皆さんが判断してください。

そしてこの日、郡山市出身のミュージシャン、伊東和哉さんが純米吟醸「甦る」をテーマに作った曲、
その名も「甦る」のお披露目が行われました。
この曲はいわき出身で今は長井の村田兄弟の想いが発端となり、
上野哲生さんがギターやサウンドプロダクションを、
福島出身の加藤雄一郎さんがサックスとフルートを、
といったオール福島の大変想いの詰った曲なのでした。

そしてありがたいことに、僕が音楽に合わせて映像を制作し、
それを会場でのお披露目生演奏に僕の映像を合わせて流すという趣向でした。

僕が今まで映像をやってて本当に一番幸せな瞬間でした。
本当に、この企画に関わってくれた人に感謝します。

そして宴も盛り上がってきた頃、浪江町のミュージシャン、
門馬よし彦さんも駆けつけてくれました。
(文字通り、日中は浪江町のくさ[くさかんむりに召]野神社でライブをやってからの長井入り)

3月11日は各地でいろいろな事が催されて、
色々な思いで過ごす人たちがいると思います。
人によってはその事柄の重みが違います。
でもこうやって酒を酌み交わしてその重みを共有したり、
重荷を一度下ろしてみたりもできるのです。

また背負って歩かなければならない人もいるだろうとは思いますが、
きっとそんな人が居ることを知るということは、
そうでない人にとってもまた明日のために生きていく糧となることなのかなと思いました。

また皆で酒を酌み交わすときが来ればいいなと、誰かと想いを共有することができればいいなと、
僕自身も願い続けるし、信じ続けたいと思います。

PIC_0566_2018031223131162e.jpgPIC_0569.jpgPIC_0575.jpgPIC_0577_201803122313013a6.jpg
PIC_0632.jpgPIC_0597.jpgPIC_0636_20180312231304d3f.jpgPIC_0652.jpg
PIC_0681.jpgPIC_0684.jpgPIC_0688_20180312231309134.jpg
スポンサーサイト
 
11月28日(火)

酒林

酒林がかけかわりました。
長井は雪が降っていて夜は結構吹雪いていました。
今回は一緒に酒林を作っている酒のいとうさんと届けに。
今月開通したばかりの米沢中央自動車道を通りました。
長さ9kmのトンネルはまるでワープで、雪の季節は通りやすくなりました。
福島と山形の距離感もぐっと近くなったところでもっと繋がりができたらいいなと日々感じます。

そして、新酒「磐城壽しぼりたて」発売中です!
おいしいですよ。

IMG_3150.jpgIMG_3154.jpgIMG_3187.jpgIMG_3206.jpg
 
06月20日(火)

長井、鎌倉そして浪江

6月11日、いわき市の酒販店「さわきや」の鈴木酒造店長井蔵ツアーが開催されました。
このツアー、前回は震災前2010年10月24日に浪江に行ったのでした。
そのときのメンバーが集い、先日鑑評会で金賞を獲った蔵の新しい一歩を祝う見学会になりました。

長井に移って大きく影響されたレインボープランと甦るの説明を
ちょうど数日前に田植えを終えたさわのはなの田んぼの前で聞き、7年前と同じく公民館で手びねり体験。
長井の成島焼和久井窯の窯元に来て頂きああでもないこうでもないと皆で土をこねました。
この成島焼というのは米沢藩の中興の祖として有名な上杉鷹山が財政立て直しの一環として相馬焼をルーツにする窯なのです。

そんな奇縁を感じながら長井の食材と磐城壽を楽しみ、最後は道の駅でお土産をたくさん抱えて帰路に着きました。
KIMG1286.jpgKIMG1290.jpgKIMG1296.jpgKIMG1298.jpg
KIMG1306.jpgKIMG1301.jpgKIMG1303.jpg

6月18日、横須賀市の酒販店「掛田商店」の主催する熟成酒を楽しむ会「温故知新 vol.8」が開催されました。
紫陽花の季節、日曜日ということもあり鎌倉にはたくさんの人がいました。

二階堂の荏柄天神社、鎌倉宮の近くのカジュアートスペースにてひっそりと磐城壽の過去を巡る旅が始まりました。
大介さんが浪江の蔵に入った初年度の山廃純米大吟11BYや土耕ん醸17BY、GINTAGEの20BYなど、
僕が磐城壽を知る前のものも飲めて過去を感じるのには最高の会でした。

自分が知らないはずの昔のお酒ですが、不思議とピースがはまるような今の長井にも続く道のようなものを感じました。
KIMG1322.jpgKIMG1352.jpgKIMG1359.jpgKIMG1353.jpg
KIMG1377.jpgKIMG1371.jpgKIMG1375.jpgKIMG1367.jpg
PIC_0009.jpgPIC_0005.jpgPIC_0010.jpg



 
05月23日(火)

平成29年さわのはな田植え


晴天の5月20日、レインボープラン市民農場の田んぼで今年も、
純米吟醸「甦る」の原料米、さわのはなの田植えが行われました。
今年も全国から30名以上が参加。
例年よりも暑く、皆さん額に汗しながら田植えをしていました。
KIMG1201.jpgKIMG1203.jpgKIMG1206.jpgKIMG1207.jpgKIMG1209.jpg

田植え終了後、ちょうどこの日、長井市内で行われている「黒獅子まつり」を見ながら懇親会場の中央会館へ。
KIMG1222.jpgKIMG1223.jpgKIMG1222_201705230206384ab.jpg

懇親会ではつい先日、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した鈴木酒造店長井蔵を祝って、
謎の覆面メキシカンがトロフィーを手渡しました。
KIMG1226.jpgKIMG1228.jpgKIMG1229.jpgKIMG1230.jpgKIMG1236.jpg
長井市に来て六年目。
福島県は5年連続金賞最多受賞で沸いていますが、
今年はさらに嬉しいニュースでした。
 
01月23日(月)

平成29年1月20日、21日

年が明けて初めて鈴木酒造店長井蔵に行ってきました。
この日は純米の瓶詰めが行われていました。
午後は次の日の仕込みに使う、浪江町産コシヒカリの洗米。
暗くなってくると雪降ってきました。
PIC_0735.jpgPIC_0740.jpgPIC_0769.jpgPIC_0788.jpg

次の日は浪江産コシヒカリの蒸米。
PIC_0808.jpgPIC_0843.jpgPIC_0875.jpgPIC_0847.jpg

ゴールデンスランバの醪もありました。
浪江町請戸のくさ(くさかんむりに召)野神社にて信仰されていた、
安波さまの総本宮、稲敷市の大杉神社に祈願しに行ったそうです。
震災を忘れない、忘れてはいけないために語らう酒にしたいと大介さんは語っていました。
PIC_0805.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。