05月23日(火)

平成29年さわのはな田植え


晴天の5月20日、レインボープラン市民農場の田んぼで今年も、
純米吟醸「甦る」の原料米、さわのはなの田植えが行われました。
今年も全国から30名以上が参加。
例年よりも暑く、皆さん額に汗しながら田植えをしていました。
KIMG1201.jpgKIMG1203.jpgKIMG1206.jpgKIMG1207.jpgKIMG1209.jpg

田植え終了後、ちょうどこの日、長井市内で行われている「黒獅子まつり」を見ながら懇親会場の中央会館へ。
KIMG1222.jpgKIMG1223.jpgKIMG1222_201705230206384ab.jpg

懇親会ではつい先日、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した鈴木酒造店長井蔵を祝って、
謎の覆面メキシカンがトロフィーを手渡しました。
KIMG1226.jpgKIMG1228.jpgKIMG1229.jpgKIMG1230.jpgKIMG1236.jpg
長井市に来て六年目。
福島県は5年連続金賞最多受賞で沸いていますが、
今年はさらに嬉しいニュースでした。
 
01月23日(月)

平成29年1月20日、21日

年が明けて初めて鈴木酒造店長井蔵に行ってきました。
この日は純米の瓶詰めが行われていました。
午後は次の日の仕込みに使う、浪江町産コシヒカリの洗米。
暗くなってくると雪降ってきました。
PIC_0735.jpgPIC_0740.jpgPIC_0769.jpgPIC_0788.jpg

次の日は浪江産コシヒカリの蒸米。
PIC_0808.jpgPIC_0843.jpgPIC_0875.jpgPIC_0847.jpg

ゴールデンスランバの醪もありました。
浪江町請戸のくさ(くさかんむりに召)野神社にて信仰されていた、
安波さまの総本宮、稲敷市の大杉神社に祈願しに行ったそうです。
震災を忘れない、忘れてはいけないために語らう酒にしたいと大介さんは語っていました。
PIC_0805.jpg

 
09月26日(月)

平成28年「甦る」原料米「さわのはな」稲刈り

震災のあった日、3月11日に発売される、純米吟醸「甦る」の原料米「さわのはな」の稲刈りが行われました。
去年は雨にふられて稲刈り出来なかったので、ここ長井でははじめてちゃんと稲刈りできました。
今年も長雨で米農家さんは稲刈りのタイミングに困っているそうです。
そんな忙しい中お手伝い頂いたレインボープラン市民農場の方々に感謝です。

PIC_0216.jpgPIC_0233.jpgPIC_0265.jpgPIC_0304.jpgPIC_0292.jpg

稲刈りをしはじめるとアキアカネがたくさん頭上を飛び始めます。
田んぼの中にはカエルやバッタがいて、子供たちは捕まえてあそんでました。
終わった後の反省会では非売品を含む22種類ものお酒と長井の地元料理が振舞われました。
これから発売する、赤ラベルは落ち着きのあるやさしい味わいでなかなかでした。

PIC_0347.jpgPIC_0355.jpgPIC_0378.jpgPIC_0383.jpgPIC_0390.jpg

二日目は荘司さんの案内で蔵内を見学。
そのあとは酒の利き方を教えてもらいながら一生幸福の大吟醸を利いて、
長井の野菜と漬物を頂きました。

いわきに帰る途中、松川町の丹野さんのところによって丹野さんのお米で作られた純米を渡してきました。
第一回目の稲刈りが行われた田んぼは早稲種である五百万石のためにもう刈り終わっていましたが、
コシヒカリの前で写真をとらせてもらいました。

PIC_0445.jpgPIC_0448.jpgPIC_0455.jpgPIC_0489.jpgPIC_0504.jpg

稲刈りが終われば早くも蔵が始動しはじめます。
 
09月22日(木)

稲刈り、いわき酒楽会 福島の酒きき酒会2016

9月24日、鈴木酒造店長井蔵の「甦る」原料米「さわのはな」の稲刈りが行われます。

そして10月2日にはいわき酒楽会主催の福島の酒きき酒会が今年も開催されます。
ワシントンホテル椿山荘にて16:30から、当日券は1800円になります。

きき酒会にはもちろん鈴木酒造店長井蔵も参加します。
県内29蔵が一同に介するイベントです。

去年の様子をyoutubeにアップしたので是非ご覧下さい。
 
07月03日(日)

上映?というか展示、決定しました。

小名浜オーシャンホテルにて7/13~7/18開催される海の日芸術祭に、
鈴木酒造店長井蔵を題材とした映像インスタレーション「記憶と記録」を展示することになりました。
アートフェスという場でどれだけのことができるか、どれだけ自分を出し切れるか、
チャレンジな部分がかなり多いですが、5年間とり続けてきたものをこういった形で出せるのは幸いです。
映像自体は十分程度の短いものですが、ナレーション、テロップ、BGM等は廃し、
大介さんや荘司さんの語った言葉でつないでいく作品です。
とりとめのないようなところもありますが、
言葉の意味、想いのゆらぎ、その反対の硬い意思なんかを拾って頂けるとありがたいです。

是非見に来てください。

http://www.artplangallery.jp/exhibition/